2018年10月14日

試聴会出品作の選定

第34回富山クラフトオーディオクラブの試聴会が、今週末の10/20に、いつも宴会場となっている古志で開催されます。
試聴会場は50畳の和室ということです。
今回2年ぶりに試聴会に出品することになりましたので出品作を選定しました。
試聴会ではアンプ以外でてこないので、今回はネットワークプレーヤーということで出品しようかと思っています。

1.アンプ候補
1−1)金田式No.218+diy Audio にて配布のネルソン・パスさん設計のAmp Camp Amp
select-1.jpg
カップリングのみNichiconのKGに変更していますが、BTLでなくても、うちの環境で十分な音量でした。
クラフトオーディオ的に初心者向けのDIYとしては、非常に面白いKITですので、前から出品してみたいと思ってました。
中高音はよいですが、音場感が乏しい、と思います。

1−2)金田式No.218+No.228
select-2.jpg
我が家で普通に使っている定番で、リファレンス的な感じです。
いつも聞いているので、可もなく不可もないかなと思います。
ブログを見直してみたところ2014年製作ですね。もう4年経ってました。

1−3)USBDAC(金田式No.220)+No.228
select-3.jpg
NASのプレイヤー機能と組み合わせると、最小構成でネットワークプレーヤーが出来上がるので、インパクトがあります。
エレアトさんのUSBDACを組み込んで、FPGAでPCM⇒DSD変換後、PCM1792AでDSDをフィルターしています。
フィルター後、金田式No.220でIV変換なく、No.228へ電流転送してますので、プリを介しない分、鮮度がよいです。
音はこれまた可もなく不可もなしという感じです。

2.プレーヤー側候補
2−1)NanoPi NEO2+raspberryPi3+ES9023黄色基板(改)
select-4.jpg
いつも聞いている定番です。
聞きなれているので可もなく不可もなしという感じです。
電源は無帰還のものをそれぞれ提供に変更しました。

2−2)NanoPi NEO2+raspberryPi3+TDA1545A自作基板
select-6.jpg
せっかくTDA1545A+FET IV基板も自作したので、組み込んでみました。
久々に聞きましたが、これもなかなかよい。


3.結論
どれを出品するかは、当日のお楽しみにしてください。
実は、まだ決めかねてます。
資料は差し替えできそうなので、もう少し検討します。

4.番外
select-5.jpg
いま、CD黎明期のCD機、DACを聞いて音の再評価してます。
今のDACに比べ解像度は落ちるものの、ボーカルが熱い、熱い。
そのうち、DAC化したいと思い、いろいろ調査中です。



posted by sunacchi at 12:06| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

最近のAudioVisual状況

最近のシステム状況を公開します。

<テレビ> ソニー KJ-65A8F
念願の有機EL65インチです。他社とは一線を画している画質と思っています。
最近のテレビは電波放送もネット配信も同じように扱えるのが嬉しいです。
tv-1.jpg

<AVアンプ> マランツ NR1609
NR1608から乗り換えてみました。
ちまたのレビューほど音質の向上は感じませんが、シルバーゴールドの筐体がよいです。
まだ、ファームが落ち着いていないです。
スリムな筐体とフロントプリアウトがよいと思います。

<Blurayレコーダ> パナソニック DMR-UBZ2030 + SeeQVault HDD HDV-SQ4.0U3/V
UHD BD、HDR対応で安かったので導入しました。
SeeQVaultでとりあえず残せるようにしました。
UHD BDはAmazonn.com、ukから海外版の日本語字幕入りを入手するのがマイブームです。

<PC+USBDAC> 自作のファンレスPC+アナログ電源(TeraDak ATX-210-0110)
USBDACはトランス+SINGXER F-1+ES9038Q2C基板をケースに入れただけのもので、44.1Kしかまともな音がでないしろもの。
Youtube用と割り切ればAVアンプより音がいいです。

<スピーカー> 5.1.2構成
フロント:オンキョー GS-1
センター:ケンウッド LS-K701
バック:富士通テン TD510MK2
トップミドル:CALVIN PM5-W
サブウーハー:ビクター SW-7
これは適当な組み合わせです。

<NAS>アイ・オー・データ HDL-RA2HF
HDDをSSDに自分で交換、クロックは根布さんのところで交換してもらってます。
省電力になったので電源はiPower 12Vに変更しました。
力強さはなくなったもののかなりクリアになりました。

<ハブ>JS PC AUDIO HFS1000-UGD
ハブで確かに変わります。
空いた端子にXターミネータ、LAN線間にアイソレータ入れてます。

<トラポ+DAC> NanoPi NEO2+raspberryPi3+ES9023黄色基板(改)
セパレート化してUPnP(DLNA)で音源を再生してます。
DACはES9023黄色基板(改)で、DAC上のクロックは使用せず、MCKをDuculonで供給してます。
無帰還電源6セットで電源を構成、かなり低音がでるようになりました。
dac-1.jpg

<プリ、パワーアンプ> プリ金田式No.218 パワー金田式No.228
デジアンその他いろいろ試してみましたが、今のところGS-1を鳴らすのにしっくりくる構成。
プリは無帰還電源で駆動してます。
amp-1.jpg

ま、人生80年って考えると、楽しめるうちに楽しみたいと思うようになりました。
かなり散財してます。。。


posted by sunacchi at 23:12| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

今年中にやりたいこと

今年に入って既に1か月経ってますが、今年の目標を少し。。

1)部屋の防音
 ・窓の2重化(内窓追加)
 ・床の遮音
 ・遮音扉への交換
 ・壁の遮音
 ・天井防音

2)AK4497とES9038を試す

3)サラウンド復活
 ・地デジとBSのAACサラウンドの体験環境の実現

4)音源再生環境の自作
 ・マイコンを使ってWAVデータを再生するプログラム&環境の構築

ということを目標に、ちょっとづつ進めてます。
進捗があったらブログに書きます。

 

posted by sunacchi at 22:07| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

富山に戻りました

GW中に引っ越しして、富山に帰任しました。

引っ越し先は、諸般の事情で、しばらくの間は空き家になっていた嫁さんの実家の木造の一軒家になりました。
築30年以上経ってますが、100坪以上の土地にリビングがヒノキ造りで15畳以上の5LDKでかなり立派な家です。
地方ならではで都心じゃ考えられない大きさです。

とりあえず、何とか荷物を移動させて、オーディオ用に2階の10畳の洋間を確保。
連休明けまでに、なんとか音出しできるようなりました。
room.jpg
縦横高さ比もよく、広さはまあまあです。

が、音出ししてがっかり、異常に付帯音がついて、響く、響く。
ボーカルなんか定位がぼわぼわで、お風呂にいるような感じです。
長手方向にスピーカを置くと、まだましなようですが、なんとなく切迫感があり音の悪い方向でとりあえず聞いています。
部屋の音を聞いているのがよくわかります。
まったく吸音するものを置いていないのでこれから調整ですね。

ただし、古い家なのでダダ漏れではありますが、あまり周りを気にしないで、オーディオを久々に堪能できるようになったのは、うれしいです。

posted by sunacchi at 14:43| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

近況報告

4月から5月の連休状況ですが、以下の感じでばたばたしてました。
ちょっとその間のできごと。

4/18(土)
 金田さんの試聴会参加
 概要:
  レコードからのデジタルに変換した自炊の音源とレコード音源をパワー系3種を切り替えての試聴。
  プレイヤーSP10MK1 リニアトラッキングアーム
  スピーカ:高音 JBL 2402
       中音 Pioneer PD-801 + Altec 511horn
       低音 TAD 1601b MJ編集部バスレフ
  パワー1系 高音 No235、中音 No235、低音 No232
  パワー2系 高音 No237、中音 No237、低音 No232
  パワー3系 高音 No238次号、中音No238次号、低音 No232

 感想:
  思ったとおりのの爆音で、音も聞き覚えのあるまあこんなものかしらという感じです。
  個人的にはNo237の421Aが良かったです。
  立体感は出ていい音がでていたと思うのですが、パイプいすの席では前の人の頭が重なって
  ヒアリング環境としてはあまり良くないですね。
  ホールも後ろのほうはフラッターで少しこもった感じがしました。
  エアーフローのリニアトラッキングのレコードプレイヤーが秀逸でした。
  富山クラフトオーディオクラブのメンバー方とも久々にお会いできて、懐かしかったです。
  ただ、レコードで中島みゆきの声が違うと思った時点でちょっとアウトでした。
  変な音やスクラッチノイズの多い盤は、1分以上は演奏しては、いけないなあと思いました。

4/29(水)
 イーディオさんの牛込オーディオ友の会例会参加
 概要:
 ・Olive One(デジタルアンプ付きネットワークプレーヤー)のデモ
 ・パラレルワールドアンプ3種機器の比較試聴(Sさん、Gさん、別府氏のデール/OSコン版)
  OliveOneのアナログライン出力
  スピーカ(AudioTechnology 15H52 15cmウーファ
        Scan-Speak D3004/6640-00ベリリウム)
 ・Win7 PC→[FIRフィルターのデバイダーplug-in @ foobar2000]
    →USBマルチチャンネルDAC[Roland UA-1000]
    →中低域:車用デジタルアンプ、高域:SONYのAVアンプ(TA-DA7000ES?)
     スピーカー
     低域: SB Acoustics SB29NRX75-6の56リットルバスレフ箱入り
     中域: Morel MW114S 12cmポリコーンミッドバス
     高域: Airborne RT-4001 Air Motion Tweeter
 ・Raspberry Pi TypeB + Hifiberry DACでハイレゾをACアナログ電源とリチウムUSB用電源で試聴。
  OS:Volumio 1.4
    アンプ:SONYのAVアンプ(TA-DA7000ES?)
    スピーカー:Audio Technology + Scanの小型2way

 感想:
  Olive Oneは丸型でかっこいいです。
  電源を変えたらどうなるかなと思って聴いてました。
  あと、おおざっぱに結線されていましたたが、PCマルチが印象的。
  やっぱりアンプよりスピーカという印象が強いです。
  実はTA-DA7000ES?も結構評価が高いデジタルアンプですね。
  スピーカはベリリウムが秀逸でした。
  Raspberry PiはACアナログ電源が圧勝、なんであんなに力強い感じになるんだろうと思いました。
  昔のお知り合いにも会えたのと、新しいお知り合いも増えて、うれしかったです。
  で、以下のお土産をいただいてきました。
  ・HeadRoom Total BitHead
  ・Micの電源用と使えるミキサーxenyx802
  ・上記のデモに使ったACアナログ電源駆動のRaspberryPiBとHifiBerry
  ちょといまはばたばたしていて、どれにも手をつけれないのですが、
  少し落ち着いたら感想を書くつもりです。

5/1(金)〜5/8(金)
 長女の結納式を行いました。
 結納式の後、しばらく住んでもらう予定の富山の自宅のお披露目をしなくてはいけなくなり、
 この期間は、ほぼ部屋の片付けと掃除の毎日でした。
 何とか式も無事終わり、ほっとして神奈川に戻ったのですが、
 嫁の親と私の親から別々に入院したという連絡が。。。
 嫁さんがとんぼ返りで富山に戻ったところです。
 今のところ両方とも検査中で、診断待ちというところですが、のんびりオーディオというわけにもいかずです。
 転勤で場所が離れちゃうと、こういう場合がつらいですね。



posted by sunacchi at 22:50| Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする