2012年03月25日

fdって、知ってます?

fdというのは1989年にPC/AT互換機とNECのPC-98x1専用にMS-DOS用に作られたファイルやディレクトリの管理ツール(ファイラー)です。
当時、私は社会人になりたての頃で、当時のお金で給料の3ヶ月以上の40万チョイを払って、PC-9801VM2(たぶん)を買い、このツールのお世話になっていた記憶があります。
今にして思えば、なんて太っ腹、独身だったからできたことですね。
今年に入って、中古ながらHDディスプレイつきLenovo H330を3万で入手したのですが、それを考えるとデフレを本当に実感しますね。

さてさて、voyageMPDのCUIで使えるランチャー機能のあるファイラーを探してみたところ、FDcloneという、そのfdのUNIX用のクローンがあるのを発見。

apt-get install fdclone

で、簡単にalixマシンにコンパイルなしでインストールできました。
インストールされたバージョンが3.00cでしたので最新ではなさそうですが、よしとします。

fdで起動。
カーソルキーで選択、returnキーでランチャー起動、表示、フォルダ移動という操作は昔のfdそのもので、懐かしささえ感じます。

fdでやりたかったは、ランチャー機能で拡張子とudaplayを関連付けして、DSD再生を楽に行うこと。
早速、E(shift+e)で設定機能を呼び出し、ランチャー設定で拡張子dff、dsd、wsd、wavにudaplayの関連付け設定を行い、あっさりと動作しました。
~/.fd2rcを編集しても設定できそうです。

FDcloneは日本語の表示、他の設定機能もあり、まだまだできそうなことがありそうです。
今後検証したいと思ってます。


さらにiPadでも操作できないかと思い、iPhoneで使っていたこともありiPad用のzsTelnetを購入。
デフォルトのままではReturnキーが効かなかったのですが、Returnキーの設定を\rに変更することで、fdの動作を確認。
ipad-2.jpg

ソフトキーボードの配置が独特なのでちょっと慣れが必要ですが、なんとか操作できそうです。
一般的にctrl+Cでコマンドが強制停止しますが、udaplayでも有効です。
なんとかiPadのzsTelnetからでも、コマンドの停止も受け付けてくれるようです。

iPadからDSDの再生やalixのシャットダウンも行えるようになり、ますます便利になりました。

音の入り口はだいぶ固まってきた感じなので、そろそろ金田式N0.218あたりにトライしたいなあ、なんて思ってます。


posted by sunacchi at 17:34| Comment(0) | iPod/iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

iPadでの音楽再生

iPadを入手し、早速MPadを購入。
Andoridやwindowsのアプリには、まねのできないユーザーインタフェースです。
MPDのコントロールが本当に楽しくなります。
ipad-1.jpg

iPadと一緒にカメラコネクションキットを購入していたので、ハイレゾデータの再生を試してみました。
まずは、MUSICで44.1kHzのデータが自宅で再生できるか試してみました。
USB Dual Audio基板につないで、全く問題なく再生。

次にハイレゾデータ。
iTunesではiPadにはハイレゾデータが転送できないと怒られます。
母艦のiTunesのホームシェアリングを有効にし、iPadのMUSICで共有をすることで192kHzのデータも再生できることを確認しました。
ホームシェアリングの音ですがそれなりで、CD音源ではiPadで直接聴いた音より少しぼけた感じです、
iPadの再生音ですが、さすがにvoyageMPDにはにかなわなく、立体感が乏しい感じです。
改めてトランスポートの重要さを感じました。

てことで、iPadはしばらく大きなリモコンです。



posted by sunacchi at 21:31| Comment(0) | iPod/iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

「新しいiPad」が届いた

帰ったら届いてました。
newipad.jpg

とりあえず、2年は待った甲斐がありました。
発売当日に入手って、一度はやってみたかったのでした。
クレカ決済ですので、2ヶ月は出費は控えないといけません。

週末は触りまくる予定。

SDTrans384については、そのうち悲しいお知らせがあります。。


posted by sunacchi at 20:03| Comment(0) | iPod/iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

音楽データの管理方法

iPhoneに機種変更、OnkyoのND-S1の入手に伴いPCの音楽データをiTunesでも管理する必要がでてきました。
うちの場合の音楽データ管理は現状以下のようになっています。

◆ファイルの構成
音楽データファイルはNAS上で管理しています。
NASのルートのディレクトリの配下は以下の構成になっています。
ジャンル
 アーティスト名
  アルバム名
   01_楽曲名.wav
   02_楽曲名.wav
     :
   artwork.aiff

iTunesではのアートワーク画像の表示には以下の2つの場合があります。
・音楽ファイルにタグ情報として、画像データが埋め込まれている場合
・画像ファイルは音楽ファイルとは別データとしてシステムの特定フォルダに保存されている場合

WAVファイルには、タグ情報を埋め込むことができないないのですが、アルバム内にアートワーク画像を取り込んだ音楽データを置いておけば、そのアルバムのアートワーク画像として表示できます。
(うちのiPhoneではアートワーク画像が時々表示されないバグもあるみたいですが。。。)

上記の構成で、artwork.aiffという見慣れないファイルがありますが、これをアートワーク画像埋込み用のファイルとして使用しています。
音楽データとしては1秒の無音ファイルですので、再生していることすら気がつかないことがあります。
artwork.aiffはここに置いておきます。

◆CDのリッピング
CDをリッピングする場合、Exact Audio Copyを使用しています。
リッピング時に格納するファイル名はあらかじめ以下のように指定しています。

EACオプション>ファイル名のタグで
「保存するファイル名」の設定を以下のように指定しています。
 %A\%C\%N-%T

リッピング時に曲名情報を取り込んだ後、上記の構成の「ジャンル」のフォルダを指定すると保存時は、「アーティスト名\アルバム名」というフォルダを生成して上記の構成のデータを生成してくれます。
曲名に番号をつけているのは、エクスプローラなどでファイル名順に並べた場合、曲順どおりになるため、便利だからです。
リッピング後、artwork.aiffを作成したフォルダにコピーする。

◆iTunesで取り込み
iTunesで取り込みは以下のようにしています。
(1)リッピングしたファイルをiTunesでファイルの取り込みから未分類のファイルとして取り込み

(2)各曲のプロパティを変更して、ジャンル、アーティスト名、アルバム名、曲番を設定を各フォルダに格納するスクリプトでコピー

(3)アートワーク画像をツールを使って取得し、artwork.aiffのプロパティを変更し ジャンル、アーティスト名、アルバム名、取得したアートワーク画像を設定

当初、これまでとりためた何百曲のデータを取り込むのが面倒でしたので、
・ファイル名を上記のように変更
・artwork.aiffを各フォルダに格納するスクリプトでコピー
・)ジャンルごとのプレイリストを生成する簡単なJavaプログラムの実行
して移行しましたが。。。
posted by sunacchi at 12:15| Comment(0) | iPod/iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする