2018年11月12日

SSDACの製作(その2)

とりあえず、USBDACとして音質、使い勝手の向上ため、以下の2つを行いました。

1)USB向けプレーヤーの変更
 NASのプレーヤーからUSB接続のNanoPi NEO2+raspberryPi3のSMTPプレーヤー構成に変更。
 USBにはFIDELIXのフィルタを入れてセルフ電源にしています。
 JCATのアイソレータをいれると音が大人しくなりすぎたので、今回は止めときました。
 NASのプレーヤーよりかなりディテールの表現やダイナミックレンジが拡大してます。

2)ケーシング
 3mm厚のアルミ板の端材が手元にあり、偶然にも基板とほぼ長さが一緒だったので、四辺にアルミアングルを立ててミニマムなケースに仕立てました。
 上部はアクリル板を乗っけてます。
 採寸と工作精度が悪くてかなり隙間があいてますので、出来は60点くらいです。
 安定感もよくなり、バラックよりはまあまあ、使い勝手がよくなった感じです。
ssdac-4.jpg

ディップスイッチをプルアップすると安定度が増すとのうわさをききましたが、ソフトの使い方をもう少し勉強してからトライしたいと思っています。



以下、権利者様の著作権表示となります。
===========
著作権
===========
・SSDAC24642ソースプログラムは 小林芳直 が著作権を持っています。
・個人の研究目的には、修正、改造など自由に使用できます。
・発表される際はこの著作権表示部分を表示してください。
・このプログラムの全部もしくは一部を製品に組み込んだり販売するなどの商業的利用はおやめください。
・本製品SSDACに使用されているデータ補間技術は、小林芳直により発明されSLDJ合同会社により現在特許出願中です。
・本キットに含まれる回路、ソースコードは個人的使用に限り自由に修正、改造ができます。
・本キットに含まれる回路、ソースコードの商業的利用については別途契約が必要です。higon@nifty.comまでご連絡ください。
posted by sunacchi at 23:07| Comment(0) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

SSDACの製作(その1)

トランジスタ技術2018年10月号に気を引く記事が載ってました。

「SSDAC(スーパー・サンプリングDAC)は、FPGA MAX10で構成したディジタル・フィルタレスのマルチビットD-Aコンバータです。
SSDACでは、従来のディジタル・フィルタには付き物の「エコー雑音」のない、理想的な過渡応答波形を再生できます。」

なにやら面白そうです。
トラ技2018年11月号に製作資料が付録で添付されてくるとのこと。
特設サイトもあり、キットの形で頒布されるとのことでした。

Amanero Combo384は互換機も含め3セットあることだし、トラ技2018年11月号を入手して自分で製作しようかと思っていました。
たまたま、製作資料で基板を発注された方(北神電子サービスさん)がおられ、余剰基板を頒布されていることを知り、早速申し込みました。
厚かましくも、FPGAのはんだ付けもお願いしてしまいました。

北神電子サービスさんにいろいろご指導いただき、アマゾンで入手したUSB Blaster互換機で外部から3.3V供給することで、なんとかプログラムを自分で書き込みました。
ssdac-1.jpg
ssdac-2.jpg

部品は秋月、GigiKey、共立電子に注文してます。
はんだ付け難易度はかなり高いと思います。
製作する上で一番の問題は、1608サイズのチップ部品の取り付けとその量でした。
かなり「おやじ、じじいキラー」な基板です。
付録データーの基板のパッドはリフローが前提になっているらしく、手付けでは方側1mmも空きがない感じです。

とりあえず、バラックで組み立てて動作させてみて、電源LEDが点灯しない。
チップ部品の半田付け不良でした。
これは即原因がわかってクリア。
修正してNASとつないで、動作させてみると、右チャンネルのみしか音が出ない。
左チャンネルからかDC漏れが発生しています。
こっちもチップ部品の半田付け不良でした。
原因の箇所を見つけるのに2日かかりました。
ランド(パッド)に疎通できているか目視では、わからない。。。

てことで、なんとかバラックで音出しできるようになりました。
ssdac-3.jpg

以下はAmanero Combo384 はCCHDー575というFEMTOクロックというのが載っている互換機、NASのUSBポートにつないでの音の印象です。

かなり定位が明確で、パイオリンやバスドラまで、低域から高域まで各楽器の付帯音がなくかなりクリアでかなり聞きやすくなった印象です。
クリアな分、低域の量感が足りない印象ですが、時間とともにかなり戻ってきました。

NASへのUSB直結では、これまであまりいい印象がなかったのですが、これなら十分使えそうです。
早々にケースにいれようかと思っております。

実は今回実験用にもう1台同時に作成していたのですが、エラー状態を示すLEDが点灯したままで解除できない。
も少し調整してみます。
これ、時間がかかりそうです。。。。

以下、権利者様の著作権表示となります。

===========

著作権

===========

・SSDAC24642ソースプログラムは 小林芳直 が著作権を持っています。

・個人の研究目的には、修正、改造など自由に使用できます。

・発表される際はこの著作権表示部分を表示してください。

・このプログラムの全部もしくは一部を製品に組み込んだり販売するなどの商業的利用はおやめください。

・本製品SSDACに使用されているデータ補間技術は、小林芳直により発明されSLDJ合同会社により現在特許出願中です。

・本キットに含まれる回路、ソースコードは個人的使用に限り自由に修正、改造ができます。

・本キットに含まれる回路、ソースコードの商業的利用については別途契約が必要です。higon@nifty.comまでご連絡ください。



posted by sunacchi at 15:24| Comment(0) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

セパレート構成トラポ


久々の更新です。
遅ればせながら、あけおめ、ことよろです。

最近はRaspberryPiでの音源再生に戻ってますが、昨年末からトラポのセパレート化が自分の中のトレンドになっています。
トラポのセパレート化というのは、フロントエンドとバックエンドに構成を分け、フロント側はMPDによるデータの読込みとデコード処理、バック側はaplayによる再生のみを行う構成と理解しています。
バック側がシンプルであるため、そこでの再生音はかなりダイナミックでストレート。
構築当初は、毎日感動してました。

フロント側とバック側でサンプリングレートが会っていないと正しく動作しないため、サンプリングレートを固定する必要があり、88.1KHz24bit固定としています。

バック側はI2SをAllo Kali Reclockerで受け、DACはES9023黄色基板(改)です。
ES9023のMCKはKaliからの供給で、同期をとるように変更してます。
AK4497、ES9028Q2M、PMC5122等のDACを試してみたのですが、うちではES9023が一番自分にしっくりくる気がして最近はこればかりになっています。
rasp-4.jpg
サンプルレートが固定ですので、思い切ってKaliの45MHz系のNDKのクロックを外し、Duculonに置き換えました。
目論見通り、ますます定位がよくなりました。
アンプ以降は同じ装置なのですが、Visual側と差が開くいっぽうです。
上流でシステムの音がかなり違います。
posted by sunacchi at 11:04| Comment(0) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

AK4497DM DAC(その2)

やっとバラックからケースにいれました。
ケースも含め、部品はほぼ流用しました。
今回ケースは追加加工のみですが、タカチのOSなので意外と板厚がありちょっと時間がかかりました。
DAC電源は6Vバッテリーまたは両波整流のトランスコンデンサ平滑電源をTPS7A4700でレギュレート、基板はやなさんところ、IVはさみずさんのTLT-1010WJです。
ある意味、定番??
音源コントロールは、BeagleboneGreen+ブリッジ基板にkicktickさんのArch+BOTIC7を乗せたものです。
ak4497dac-2.jpg

で、バラックからケースに入替えただけなのに音がでない。。。
なんでー??
途方に暮れて状況をやなさんにメールで報告したら、基板をみていただくことに。。。
原因はSCLKを入れてなかったためでした。
ケースに入替えた時、未使用だと思って省いてました。
やなさんから基板は問題なさそうと、送り返していただき、SCLKを入れて無事音がでました。
ak4497dac-1.jpg
電源部が別なのでコンパクトです。

半日ほど鳴らしましたがArch+BOTIC7でかなりよい音源データを送ってくれるようになっているのですが、AK4497と相まって、音はかなりいい感じです。
1音1音の存在感が分厚く、そこにある感じがします。
旭化成のDACチップは初めてでしたが、AK4497は別格だそうです。
しばらくは、これとTDA1545Aを聴き比べするくらいで、結構楽しめるかも。

BOTIC7でMUTE信号をサポートしているとのことで、設定を行ったつもりで、信号を入れてみましたが、DSD切り替えを試してみていますが、有効となっていない感じ。
やり方を間違っているのか、元々だめなのか不明。
まともなオシロがほしいこのごろです。

次は、ES9038を試す予定ですが、価格もお高いのでのんびりやりたいと思っています。

posted by sunacchi at 15:15| Comment(3) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

初基板作成、その後

連休中に初めて作成した基板が届いたので早速組み立てました。
奇跡的に大きな問題なく、動作しました。

jfetiv-1.jpg
J-FETは2N5461を使ったのですが、なかなか雰囲気が出ていい音です。
ファイインメットトランスには楽器のリアル性はなわない気がしますが、空気感はこっちのほうがよく、コスパはとっても高いです。
ただし、J-FETのIDSSが大きいと調整しずらいです。

あらためて基板をみると、回路的には問題ないものの、電源、信号ラインが全般的に細くパスコンの配線も悪い。
たくさん反省点がありましたので、2N5460系専用に作り直そうかと思ってます。
posted by sunacchi at 11:39| Comment(4) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする