2018年11月12日

SSDACの製作(その2)

とりあえず、USBDACとして音質、使い勝手の向上ため、以下の2つを行いました。

1)USB向けプレーヤーの変更
 NASのプレーヤーからUSB接続のNanoPi NEO2+raspberryPi3のSMTPプレーヤー構成に変更。
 USBにはFIDELIXのフィルタを入れてセルフ電源にしています。
 JCATのアイソレータをいれると音が大人しくなりすぎたので、今回は止めときました。
 NASのプレーヤーよりかなりディテールの表現やダイナミックレンジが拡大してます。

2)ケーシング
 3mm厚のアルミ板の端材が手元にあり、偶然にも基板とほぼ長さが一緒だったので、四辺にアルミアングルを立ててミニマムなケースに仕立てました。
 上部はアクリル板を乗っけてます。
 採寸と工作精度が悪くてかなり隙間があいてますので、出来は60点くらいです。
 安定感もよくなり、バラックよりはまあまあ、使い勝手がよくなった感じです。
ssdac-4.jpg

ディップスイッチをプルアップすると安定度が増すとのうわさをききましたが、ソフトの使い方をもう少し勉強してからトライしたいと思っています。



以下、権利者様の著作権表示となります。
===========
著作権
===========
・SSDAC24642ソースプログラムは 小林芳直 が著作権を持っています。
・個人の研究目的には、修正、改造など自由に使用できます。
・発表される際はこの著作権表示部分を表示してください。
・このプログラムの全部もしくは一部を製品に組み込んだり販売するなどの商業的利用はおやめください。
・本製品SSDACに使用されているデータ補間技術は、小林芳直により発明されSLDJ合同会社により現在特許出願中です。
・本キットに含まれる回路、ソースコードは個人的使用に限り自由に修正、改造ができます。
・本キットに含まれる回路、ソースコードの商業的利用については別途契約が必要です。higon@nifty.comまでご連絡ください。
posted by sunacchi at 23:07| Comment(0) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: