2018年10月14日

試聴会出品作の選定

第34回富山クラフトオーディオクラブの試聴会が、今週末の10/20に、いつも宴会場となっている古志で開催されます。
試聴会場は50畳の和室ということです。
今回2年ぶりに試聴会に出品することになりましたので出品作を選定しました。
試聴会ではアンプ以外でてこないので、今回はネットワークプレーヤーということで出品しようかと思っています。

1.アンプ候補
1−1)金田式No.218+diy Audio にて配布のネルソン・パスさん設計のAmp Camp Amp
select-1.jpg
カップリングのみNichiconのKGに変更していますが、BTLでなくても、うちの環境で十分な音量でした。
クラフトオーディオ的に初心者向けのDIYとしては、非常に面白いKITですので、前から出品してみたいと思ってました。
中高音はよいですが、音場感が乏しい、と思います。

1−2)金田式No.218+No.228
select-2.jpg
我が家で普通に使っている定番で、リファレンス的な感じです。
いつも聞いているので、可もなく不可もないかなと思います。
ブログを見直してみたところ2014年製作ですね。もう4年経ってました。

1−3)USBDAC(金田式No.220)+No.228
select-3.jpg
NASのプレイヤー機能と組み合わせると、最小構成でネットワークプレーヤーが出来上がるので、インパクトがあります。
エレアトさんのUSBDACを組み込んで、FPGAでPCM⇒DSD変換後、PCM1792AでDSDをフィルターしています。
フィルター後、金田式No.220でIV変換なく、No.228へ電流転送してますので、プリを介しない分、鮮度がよいです。
音はこれまた可もなく不可もなしという感じです。

2.プレーヤー側候補
2−1)NanoPi NEO2+raspberryPi3+ES9023黄色基板(改)
select-4.jpg
いつも聞いている定番です。
聞きなれているので可もなく不可もなしという感じです。
電源は無帰還のものをそれぞれ提供に変更しました。

2−2)NanoPi NEO2+raspberryPi3+TDA1545A自作基板
select-6.jpg
せっかくTDA1545A+FET IV基板も自作したので、組み込んでみました。
久々に聞きましたが、これもなかなかよい。


3.結論
どれを出品するかは、当日のお楽しみにしてください。
実は、まだ決めかねてます。
資料は差し替えできそうなので、もう少し検討します。

4.番外
select-5.jpg
いま、CD黎明期のCD機、DACを聞いて音の再評価してます。
今のDACに比べ解像度は落ちるものの、ボーカルが熱い、熱い。
そのうち、DAC化したいと思い、いろいろ調査中です。



posted by sunacchi at 12:06| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: