2018年07月30日

最近のAudioVisual状況

最近のシステム状況を公開します。

<テレビ> ソニー KJ-65A8F
念願の有機EL65インチです。他社とは一線を画している画質と思っています。
最近のテレビは電波放送もネット配信も同じように扱えるのが嬉しいです。
tv-1.jpg

<AVアンプ> マランツ NR1609
NR1608から乗り換えてみました。
ちまたのレビューほど音質の向上は感じませんが、シルバーゴールドの筐体がよいです。
まだ、ファームが落ち着いていないです。
スリムな筐体とフロントプリアウトがよいと思います。

<Blurayレコーダ> パナソニック DMR-UBZ2030 + SeeQVault HDD HDV-SQ4.0U3/V
UHD BD、HDR対応で安かったので導入しました。
SeeQVaultでとりあえず残せるようにしました。
UHD BDはAmazonn.com、ukから海外版の日本語字幕入りを入手するのがマイブームです。

<PC+USBDAC> 自作のファンレスPC+アナログ電源(TeraDak ATX-210-0110)
USBDACはトランス+SINGXER F-1+ES9038Q2C基板をケースに入れただけのもので、44.1Kしかまともな音がでないしろもの。
Youtube用と割り切ればAVアンプより音がいいです。

<スピーカー> 5.1.2構成
フロント:オンキョー GS-1
センター:ケンウッド LS-K701
バック:富士通テン TD510MK2
トップミドル:CALVIN PM5-W
サブウーハー:ビクター SW-7
これは適当な組み合わせです。

<NAS>アイ・オー・データ HDL-RA2HF
HDDをSSDに自分で交換、クロックは根布さんのところで交換してもらってます。
省電力になったので電源はiPower 12Vに変更しました。
力強さはなくなったもののかなりクリアになりました。

<ハブ>JS PC AUDIO HFS1000-UGD
ハブで確かに変わります。
空いた端子にXターミネータ、LAN線間にアイソレータ入れてます。

<トラポ+DAC> NanoPi NEO2+raspberryPi3+ES9023黄色基板(改)
セパレート化してUPnP(DLNA)で音源を再生してます。
DACはES9023黄色基板(改)で、DAC上のクロックは使用せず、MCKをDuculonで供給してます。
無帰還電源6セットで電源を構成、かなり低音がでるようになりました。
dac-1.jpg

<プリ、パワーアンプ> プリ金田式No.218 パワー金田式No.228
デジアンその他いろいろ試してみましたが、今のところGS-1を鳴らすのにしっくりくる構成。
プリは無帰還電源で駆動してます。
amp-1.jpg

ま、人生80年って考えると、楽しめるうちに楽しみたいと思うようになりました。
かなり散財してます。。。


posted by sunacchi at 23:12| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも、お世話になります。
私も、HDL-RA2HFを購入して1カ月程になります。
そこで、お伺いしたいのですが、
HDDからSSDに換装した場合、
音は、どのように変化すのでしょうか?
また、デメリットとかありますか。
宜しくお願い致します。
Posted by t at 2018年08月29日 17:17
tさん

おそらくRAHF-S1の評価と同じく、音的にはスッキリしてクリアになった感じです。
ほぼ同時期にクロック交換しましたので、その効果もあると思います。
個人的にはHDDのほうが好みでしたが、省エネも大事です。

デメリットとしては、クロックも交換していますので、メーカーサポートが受けれません。
壊れたら諦めます。
Posted by sunacchi at 2018年09月04日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: