2017年11月04日

ONKYO Grand Septer GS-1(その3)

GS-1は床に直置きしていため、低音が階下に響くこともあり、インシュレータを導入しました。
inshu-1.jpg
インシュレータはもちろん自作です。
10cm×10cmのデュポンコーリアンにΦ26mm×2mm高の制振金属ワッシャーを挟んで、デュポンコーリアンの下にREAL SCHILDを貼り付けました。
inshu-2.jpg
inshu-3.jpg
これまでの床の揺らぎが音にまで影響があったようで、高音から低音までかなり定位クリアになりました。
特にコントラバスの音に芯を感じることができ、質が上がった感じです。
今回、コンパネをカットしてもらいその上にインシュレータを置いてスピーカを設置しました。
かなり階下への音漏れも減ったようです。
それにしても107Kgは重かった。
腰が少し痛い。。。です。


posted by sunacchi at 11:55| Comment(6) | 試聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に重いですね。テコの原理をつかって傾けながらやっても重いです。一度越をやられてしまったことがありますのでお気をつけください。低音と高音のユニットにもインシュレーター結構効きますのでお時間がございましたらお試しください。
Posted by たくぼん at 2017年11月04日 18:21
たくぼんさん
連休中も結構動けたので、まだ腰は大丈夫そうです。
手持ちの制振金属と人工大理石で簡易的なインシュレーターを作成して、高音と低音ユニットの間に入れて見ました。
もう少し低音の固さが取れればと思っていますが、やっとGS-1がまともに鳴るようになってきた感じがしてます。
情報ありがとうございました。
Posted by sunacchi at 2017年11月06日 11:25
レアシルトってクッション材ですよね?アタックが鈍る方向に思います。機会があれば無しで試されるのも良いと思います。
Posted by セプ太 at 2017年11月08日 07:49
Posted by パンダ at 2017年11月11日 08:13
GS−1がまともに鳴るようになるようになったとのことで、おめでとうございます。
私も11年前に手に入れて、やっと最近まともに鳴るようになったかな?と思えるようになってきたところです。
マルチアンプ駆動で、低音補正にパラメトリックイコライザーKLARK TEKNIK DN410を使っています。
当初は内蔵ネットワークでYA-1で鳴らしていましたが、思うように鳴らずにマルチアンプ駆動に走ってしまいました。
これからはGS-1で音楽を末永く楽しんでいきましょう。
Posted by パンダ at 2017年11月11日 08:36
セプ太さん
んー、気力がありましたら、試してみますが、しばらくはこのままでいきます。

パンダさん
11年ですか、うちはまだまだまともに鳴ってないかも、ですね。
出直してきます。
Posted by sunacchi at 2017年11月18日 11:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: