2017年07月09日

サラウンド環境

娘の里帰りや、社内での論文のプレゼン発表も終わって、オーディオも再開です。
といいながらAudioVisualの話ですが。

今年になって、TVの録画機能で音声がAACで記録されていることがわかったので、BSや地デジのAACでサラウンド再生できる環境を作りたくて、7.1chのサラウンド環境を構築しました。
機器構成はこんな感じ。
avpri.jpg
 TV:Sharp AQUOS Quattron 3D 60inch
 AVプリ:integra DTC-9.8
 フロントパワーアンプ:Nord NC-500
 AVパワーアンプ:三菱 DA-A7000
 センターSP:Kenwood LS-1
 フロントSP:Onkyo GS-1
 サイドSP:Fujitsuten TD510mk2
 サイドバックSP:Pioneer S-VSL6
 サブウーハー:Victor SX-DW7
すべてオークションと手持ちです。

GS-1の音場がちょっと合わない感じですが、画面がある程度大きいとAACでもかなり楽しめます。
かなりビデオ見てる時間がオーディオの時間に取って代ってしまっているのは、どっちも楽しいからしょうがないですね。
先日、有機ELみてきたんですが、かなりショックを受けました。
4K、オブジェクトオーディオの導入は、慌てずにって、感じです。


posted by sunacchi at 22:12| Comment(0) | 試聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: