2015年12月20日

PC用リニア電源をお借りしました

いつもお世話になっているイーディオさんから、PC用リニア電源をお借りして評価しております。
送られてきたものを見てびっくり。
pc-power1.jpg
なんせ大きさがPCの筐体よりでかい。
ものはTeraDakの220Wくらいの出力のPC用のPowerUnitで、十うん万する結構お高いものです。

電源をお借りした目的は、リニア電源にしたらLynx AES16はどこまでのものになるかの確認です。
PC用の5V、3.3Vをリニアにするとノイズフロアが下がって、ダイナミックレンジが大き感じる経験がありましたが、今回はどうなるかなと聞きたいと考えておりました。
起動するPCはこれで、自分なりにいい音になるように組み立てたPCです。
今はOSはWindows10で、音源再生ソフトはJRiver MediaCenter(JRMC)21がメインになっています。
自宅でLynx AES16の信号(AES/EBU)をそのまま受けれる機器は、PionearのU-05だけですが、DACとしてはそんなに悪くはないけど、普通かなという評価をしています。

このPCは150WのACアダプタ電源を12V系をPCI+のLDOでレギュレートして使っていましたが、そのままでは起動せず、NO PCI+を取り外して直結しました。
pc-power2.jpg

一聴して、これまでには感じられないくらい、かなり音場の横の広がりが感じられます。
ダイナミックレンジも大きくなった感じです。
これはこれでありですが、音の鮮度に関しては、RazpberyPiやBeagleboneBlackのI2S直結の音を聞くようになって耳が慣れたせいか物足りなさを感じました。
たたづまいさが感じられないのっぺりした印象です。
このDACからの音の傾向はあまり変わらない印象なので、今回のPC側の電源の問題はなく、インターフェースを含めたDAC側の音作りが支配的になっていると思っています。
DACを代えて再評価しようかと思ってます。

今回、リニア電源をお借りしてよかったことがもうひとつありました。
実は自作のTeraDakの100W電源を利用のPC用リニア電源を引越しで持ってきたのですが、なぜかPCが起動しないため、お蔵入りしていました。
今回お借りした電源で起動させてみましたが起動しないため、原因はPC側ということが判明。
メモリをはずしたら、あっけなく起動。
自作の電源でも問題なく起動するようになりました。
早速1年分のWindowsUpdateとついでにWindows10に変更しました。
んーPCばかり増えても、しょうがないですけどね。。

posted by sunacchi at 10:26| Comment(0) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: