2015年12月14日

BeagleBone Blackで外部クロック(その3)

BeagleBone Blackで外部クロック駆動しているPCM1792DACですが、その後のいじくりで地味ですが、だいぶ自然な音が出るようになってきた感じです。

以下変更箇所です。

dac1.jpg
・Mi-takeさんのPCM1792モノ基板の電解コンデンサをすべて薄膜高分子積層コンデンサ(PMLCAP)に変更
⇒もやもや感が、すっきりした感じの音になりました。

・ブリッジ基板のマルチプレクサ上のDSDの入力信号の左右を入替え
⇒DSD再生後のブチッは相変わらずですが、切替の手間が不要になりました。

・クロックをたくぼんさんから教えてもらったNZ2520SD⇒KYOCERA KC7050Kに変更
⇒解像度は後退した感じはありますが、奥行きの表現がさらに良くなりました。
クロックはChip1Stopで在庫がなく、Mouserから入手しました。

dac-2.jpg
・Digital Audio Signal Conditioner by LMK04805Bをブリッジ基板と制御基板との間に投入
⇒投入した基板は、「音屋とらたぬ」さんがヤフオクで頒布されているTIのLMK04805Bを使ったジッタークリーニング基板です。
スペック上、出力ジッターがSi5317は300fs、LMK04805は111fsとのことで、Si5317よりかなりジッタークリーニング効果があるそうです。
ただし、この基板Si5317でジッタ抑制したクロックをLMK04805のPLLの入力としているので、かなり電力を食います。
今回大きめのトロイダルでセンタータップ型全波整流回路+Sicダイオードの電源を用意して接続しました。
基板は電源が2段でコンデンサも凝ったものになっているので、変な改造はしばらくやめときます。
ヒートシンクだけ背の低いものに交換しました。
ジッタークリーニングの効果はかなりのものです。
PCMでもDSDでも音源のリアルさ、自然さが格段に向上しました。

今回、2系統のアナログ電源を製作したついでにDACへの電源供給をアナログ電源と鉛シールド電池の組み合わせで聴いてみました。
定電圧以降は同じです。
DAC部の電源は、鉛シールド電池が良く、音域の広く低音がしまってます。

先日、内部抵抗計を入手し、手持ちをいくつか測ってみていますが、同じ鉛シールド電池でもメーカや容量によって、かなり違います。
フラシーボ全開ですが、内部抵抗が小さい方が、いい音と感じる傾向が強いです。
posted by sunacchi at 23:03| Comment(5) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
AmaAmaさんはBeagleBone Greenというボードをご存じでしょうか。
これはBeagleBone Blackとハードウェア(HDMI出力を除く)・ソフトウェア互換があるボードです。
秋月電子から入手し、音出しをしているのですが、このボードが良いのです。
私の家の環境ではBBB・i2s+5102DACの音は、音源によっては高域にざらつきが感じられました。でもBBG・i2s+5102DACでは、そのざらつきがないのです。どの曲を聴いても湧き水のような透明感のある音が聞こえてきます。
今まで、ざらつきの原因はDACのせいだと思っていたのですが、BBBの側にあったことが分かりました。
これが我が家だけのことなのか、AmaAmaさんのように物量を投入された環境でも同じような変化があるか興味があります。
BBGとBBBとの比較をお願いしたいと思い投稿しました。
よろしくお願いします。
Posted by yseki118 at 2015年12月20日 18:00
yseki118さん

BeagleBone Greenは秋葉原の秋月の店頭で見かけましたが、blackではないんだと思って、気にしていませんでした。
hdmiが削除されているとか、オーディオとしてはいいかもしれませんね。
そのうち試してみたいと思います。
情報ありがとうございました。
Posted by sunacchi at 2015年12月20日 22:40
昨日は、突然ぶしつけなお願いをして申し訳ありませんでした。
私は、AmaAmaさんが「lightMPDを使っています」と書いていらした頃からブログを拝見していたものですから、つい知り合いに出すような気分で投稿してしまったのですが、どこの誰とも分からない者から「BBBとBBGを比較してくれ」などと依頼されても困りますよね。たいへん失礼しました。
BBGで音出しをしてみた結果、BBBと比べて音質の向上が著しかったので、そのことを誰かに伝えたくてたまらなくなり投稿した次第です。
私もHDMIが削除されているのが音質に影響しているのだと思います。BBBに比べて値段が3分の2になり、音質も向上するとなれば、もっと多くの方にオーディオ用としてBBGを使ってもらいたいと思っています。
Posted by yseki118 at 2015年12月21日 22:38
yseki118さん

昨日の夜、秋月からBeagleBone Greenが届いたので、ケースに穴明けの追加加工して、セッティングのみし、本日、半日ほど聞き込みしてみました。

確かにBeagleBone Blackの時と比べ、静かな中からふっと音が出る感じやノイズ感が減ってより定位が明確になったのがわかります。
この傾向はDSDのほうが違いが判ります。
ちょっと力強さが後退した感もありますが。

実は、これまで電源投入時モノモードにならないというDACの誤動作が時々発生していましたが、入れ替えた効果なのかBeagleBone Greenのおかげか今日はそれが発生しななくて、ちょっとうれしいです。

しばらく、このまま聞きこんでみます。

Posted by sunacchi at 2015年12月23日 16:21
早速の対応ありがとうございます。流石です。
最初、BBG+lightMPDで音出しをしてみて、音質改善の効果が認められたので、BBG+BOTICへと進みました。
夏まではAPU1C+lightMPDで音出しをしていたのですが、LINUXCOMさんのボードが出たのをきっかけにBBB+BOTICで音出しをするようになりました。ただ、この組み合わせだと音源を選ぶ傾向があって、聴く曲が限られてしまっていたのが、BBG+BOTICではどの曲も気持ち良く聴けるようになったので、皆さんにも使っていただきたいと思い投稿しました。
音質改善効果が私の家だけでないことが確かめられて嬉しいです。
Posted by yseki118 at 2015年12月23日 17:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: