2015年11月14日

BeagleBone Blackで外部クロック(その2)

DSDも聞きたいと思い、DSD信号を理想的な変換しているらしいPCM1792を試してみました。
バラックで組み立てて、なかなか良かったのでケースに入れました。
bbb-3.jpg

DAC部の構成は以下の通り。
・Mi-Takeさんの制御基板+PCM1792モノ基板
・I/Vはクリスタルオーディオさんのライントランス
トランスの並列抵抗はNS-2BとNS-5
・電源はBeagleBone Blackも含め、お手軽6Vバッテリー+秋月TPS7A4700基板
とりあえず今は上記を組み立てただけになっています。
bbb-4.jpg

クロックは45Mだと44,1Kデータでノイズがのり、PCM1792のサポータ外ということが
わかったので22Mに戻しました。

I/Vは当初ディスクリート構成のA7基板を使っていましたが、突然煙が。。
主要なトランジスタがお亡くなりになりました。
そのためお手軽なライントランスにして、その分小さなケースに収めました。

工夫した点
・Mi-Takeさんの基板はPCM←→DSDの切り替えにDSD On信号が必要。
ブリッジ基板はPCMOnでの動作が前提でDSD On信号の出力がなかったため、
ブリッジ基板の余っている回路を利用して、DSD On信号をピン出力するように改造。
・BoticLinuxDriverとPCM1792の組み合わせでは、DSDデータ信号が左右逆。
信号側か出力側での入替えが必要ですが、影響が少ない出力側で入替可能としました。

残念な点
・DSD再生後のブチッがでかい。
・PCM←→DSD時のブチッがさらにでかい。

ブチッ回避のため、ボリュームを下げないといけないのが難点ですが、
気軽にDSDのネィティブ再生ができるようになり、概ねいい感じです。


posted by sunacchi at 00:14| Comment(0) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: