2015年09月06日

BeagleBone Blackで外部クロック

BeagleBone BlackでBotic Linux Driverを利用すれば、外部からのクロックでMPDを動作させることができます。
てことで、やってみました。

なかなかよいです。
linuxcomさんとこのブリッジ基板を使い、オリジナルからクロックをソケット化し、NZ2520SDの22.5792MHzと24.576MHに換装後、45.1584MHzと49.152MHzに換装しましたが、45.1584MHzと49.152MHzのほうがより滑らかな感じです。
いずれは、DuCULoN(デュカロン)への換装という夢も現実になるかもです。

DACは、藤原さんところのDac51X2MiniBPlusをベースとして、パターンのカットと結線を行い、I2SをMCLKも含めてアイソレートして、PCM5102AにMCLKも入力しました。
DACの電源を分け、デジタル、アナログをそれぞれバッテリーから電源供給してます。
PCM5102Aのデータシートによるとデジタル、アナログのグランドは電位差は0.2v以内にする必要があると思われます。
いったん基板のカットを行ってグランドを分離した上で、ファインメットビーズを介して1点結線しておきました。
DACのLPFはPPSとビシェイのVARで構成してます。
かなり抵抗で違います。

せっかくなので、コンパクトにまとめました。
bbb-2.jpg
2Lの384kHz PCMも普通に再生でき、ちょっとうれしいです。

ちなみにBeagleBone Blackには、オリジナル版と中国版のelement14が存在するようです。
動作検証の切分けができるように2種とも入手してしまいました。
bbb.jpg
左:オリジナル  右:element14版

ぱっと見、基板は同じで上に載っている部品(メモリとクロック素子)が違っているだけのように
見えます。
メモリ   :オリジナル版⇒Kingston
element14版⇒Micron
クロック素子:オリジナル版⇒プラスチックモールド
element14版⇒金属モールド
入手したものでは、なんとなくelement14版のほうがいい感じです
部品の違いですので、入手したロットで変わる可能性大です。
posted by sunacchi at 20:54| Comment(8) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MPDで外部クロックがつかえるとは朗報ですね。
貴重なご情報ありがとうございました。
Posted by たくぼん at 2015年09月08日 00:49
私もLinux.comの外部クロックボードを使ってみました。安全のため、アイソレータをかましてIrberryDACにつないでいます。DACのPCM51025にはクロックボードからのSCKを入力しています。私のこれまでの経験の中で最良の音と思っています。
クロックのソケット化されたとのことですが、少し詳しく教えていただけませんか。お願いします。
Posted by Katsu at 2015年09月11日 22:50
Katsuさん

クロックを外して、外したランドにDIP ICソケットの足をまげてはんだづけしただけです。
Posted by sunacchi at 2015年09月13日 10:35
ありがとうございました。早速やってみます。
Posted by Katsu at 2015年09月13日 12:13
はじめまして
私もlinuxcomさんのブリッジ基板とPCM5102のDAC基板を購入し,素晴らしい音で再生されるのに感動しております。
ところで,私はDSDの再生をしたいので,mi-takeさんのDSD1792基板をブリッジ基板と接続してみました。
それでPCMもDSDも再生されるのですが,DSDのファイルによっては曲の最後に演奏が止まってしまいます。mpdのcpu使用率が95%にもなっており,暴走しているわけではないようで,mpdをrestartすれば,演奏が再開します。
同じ現象はlightmpdのV1.0.0でも発生し,V1.0.1で修正したのですが,Boticでは修正版が見つけられません。
この点で,何か情報をお持ちでしょうか?素晴らしい音ですので,何とかしたいのです。
Posted by muraji at 2015年09月15日 00:27
murajiさん

情報持ってないです。
サポートサイトで聞くのが一番でしょう。

MPDは-Vで確認したところ、
Music Player Daemon 0.18.22-dsd-rt
でした。
いちおうDSDのCPU負荷問題が解決されていそうな0.18.09以降ではあります。
MPD-DSDでかつRTパッチが当たっているものをapt-get innstalすれば解決できる可能はありそうですが、どうでしょう。
MPD-DSDはMPDの最新の0.19.10のパッチの公開はされてはいました。
Posted by sunacchi at 2015年09月15日 20:13
sunacchi様

アドバイスありがとうございます。

mpdの0.19.10をコンパイルしようと悪戦苦闘していたところ,linuxcomさんから,boticのmpd.confでnative_dsd_typeが"3"になっているのを"0"に変えれば解決する,というメールをいただきました。

すると,これまで曲の最後で止まっていたDSDファイルの再生が問題なくできることが確認できました。
DSD64,128,256のどれも素晴らしい音で連続再生されています。

これから長時間のテストと,いろんなシステムとの聞き比べをしたいと思います。とても楽しみになってきました。
Posted by muraji at 2015年09月16日 00:40
murajiさん

解決できそうでよかったです。
native_dsd_typeって、盲点でした。
設定なので、mpdを入れ替えても解決できなかったかもしれませんね。
情報ありがとうございました。
Posted by sunacchi at 2015年09月16日 11:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: