2015年06月07日

ヘッドホンの頭外定位にトライ中

いまだにヘッドホンでの頭内定位することに違和感があります。
なるべく頭の外で音が鳴っているように感じること方がよいかなと思い、いろいろトライしてみました。

始めに、いまのところまでの結論です。
頭外音像定位といっても、限度があり過大な期待は無理。
せいぜいおでこのちょっと前あたりくらいに感じます。
前方にステージがありそこから聞こえるように感じることは厳しいです。
休みの日中に近所にうるさくない程度にスピーカーを鳴らす方がよいかも。


やってみたこと。

その1)音場が広く前方定位する傾向のヘッドホンを使用する
いつも聞いているヘッドホンはHD800です。
これは音場が広く前方定位する傾向のヘッドホンといわれており、音質も抜群です。
頭外音像定位としては、横方向の広がりは抜群です。
まあ、慣れるとこんなものという感じです。
これをとりあえずのリファレンスとします。


その2)もっと音場が広いヘッドホンを使用する
SONYのMDR-F1を中古で入手して聞いてみました。

軽くて長時間つけても全く苦にならない装着感です。
ちょっと細かな音は厳しいですが、そこそこ鳴るなあという印象です。
ただ、金田式のプリではインピーダンスが低すぎるためか、音割れが発生しますので、いったんブースターアンプを介して聞いています。
HD800よりは解放感、装着感がよいですが、音質がちょっと物足りないです。
頭外定位としてはHD800を上回っている印象で、おでこのあたりからボーカルが聞こえてきます。


その3)もっと、もっと音場が広いものを使用する
PFR-V1(SONYのパーソナルフィールドスピーカー)を中古で入手してみました。
前から気になっていた機種です。
ものすごく軽いですが、耳の穴に低音用のバスレスパイプを直接置く必要があり、装着に慣れが必要です。
音漏れが盛大で、あまりヘッドホンしている意味がないです。
そこそこの解像度ですが、なんとなく中途半端な感じです。
HD800よりは軽くて装着感がよいですが、音質がちょっと物足りないです。
頭外定位としてはHD800を上回っており、おでこちょっと前あたりからボーカルが聞こえてきます。


その4)Crossfeed機能の搭載されたヘッドホンアンプを使用してみる
先日イーデオさんの試聴会でHeadRoomのTotalHeadをいただいてきました。
この機種には、Crossfeed機能が搭載されています。
Crossfeed原理は、減衰させた反対のチャンネルの音をわずかに遅らせてそれぞれのチャンネルに混ぜるものだそうです。
頭外定位としては音源を選ぶ傾向があり、効果を感じにくい音源もあるようです。
HD800で利用した場合は頭外定位はそんなに変わらず、音が劣化するのを感じましたので、積極的に利用しないようになってしまいました。

その5)「HPL」音源を試す
「HPL」は、ヘッドフォン・リスニングによる定位の崩れを改善し、本来のミックス・バランスに近い定位で、音楽リスニング用に最適化された音源を作るための技術だそうです。

【HPL2】飛騨高山ヴィルトーゾオーケストラ コンサート 2013
【HPL2】MIE JOKÉ sings BALLADS and other love songs
というのを入手して聞いてみました。
HD800やMDR-F1ではあまり頭外定位という点では評価が難しく、あまり変わった気がしない。
普通の音源よりちょっと前方への広がりがあるかなという感じでした。




posted by sunacchi at 17:41| Comment(5) | 試聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前方定位ヘッドフォンを聞いて見てもらえませんか。
聴覚の前方定位認識から見直した新理論の基づく考えから出てきたもので、特許技術を製品化したものです。
ヤフオクで手作り製品として今月から発売開始しました。
1本マイクで録音した音源は頭内定位となりますが、前後の定位が明確で明瞭な音となりますし、その音質は楽器本来の音色を再生できているようです。
Posted by tetsu at 2015年06月10日 15:58
前方定位ヘッドフォンを聞いて見てもらえませんか。
聴覚の前方定位認識から見直した新理論の基づく考えから出てきたもので、特許技術を製品化したものです。
ヤフオクで手作り製品として今月から発売開始しました。
1本マイクで録音した音源は頭内定位となりますが、前後の定位が明確で明瞭な音となりますし、その音質は楽器本来の音色を再生できているようです。
Posted by tetsu at 2015年06月10日 15:59
ご無沙汰しています。
ちょっと遊んでみるには面白いです。
Waveartsのpanoramaのデモ版(VSTで使う)
http://wavearts.com/products/plugins/panorama/
VSTのホストは、Frieve Audio M-Class(デモ・モードで)
http://www.frieve.com/frieveaudio/
Posted by sotaro at 2015年06月14日 01:04
tetsuさん
試聴器あれば貸してください。
sotaro さん
今度時間があれば試してみます。
Posted by sunacchi at 2015年06月14日 11:49
試聴機がありますから送ります。
住所、氏名、電話番号をメルアドに送ってください。
Posted by tetsu at 2015年06月22日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: