2015年03月15日

Raspberry Pi 2使ってみました(その2)

Raspberry Pi 2ですが、もう少しいじくりました。

Raspberry Pi 2用にPCM5102Aを使ったDACはどうじゃろかと入手。
余韻まで再生して、結構細かな音までいい感じ、Hifiな感じです。
私の中では、DACチップとしては PCM5102A >> ES9023 ですね。

そうこうしているうちに、RSからRaspberry Pi 2が送付されてきました。

予備機も入手できたので、前からやりたかった基板上のスイッチング電源の置換えに挑戦してみました。
お気楽さんのB+の情報とPi 2と基板を見比べて電源回路はほぼ同等と判断。
とりあえず、秋月TPS7A4700基板で1.8V,3.3V,5Vを6Vバッテリーから供給してみました。
raspberry-2.jpg

特に問題なくlightMPDが起動。
raspberry-3.jpg

音は特に良くなったという感じはないのですが、OSコンを使っている関係でしばらく様子見です。
いまはちょっと腰高な感じがします。

バッテリーの持ちもこれから検証ですが、容量から9時間くらいは持ってほしいですね。

posted by sunacchi at 23:05| Comment(2) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらの情報を参考に、F氏の基板でシリーズ電源化を実現できました。情報有難うございましたRspi2->Runeaudio->Jittercleaner->ES9018で鑑賞しています。最近は、すっかりUSB接続はしなくなってしまいました。。
Posted by mamo at 2015年04月18日 10:01
mamoさん
コメントついてたの気が付かなくて、すいません。
お役に立てて何よりです。

シリーズ電源化は、ノイズの少なさより、安定した電源の供給能力に効果があるように思います。
私の場合、いきなり作業しちゃったこともあり、どこがよくなったのか、前後で比較できていないです。
まあ、精神的に安心感がありますが。
Posted by sunacchi at 2015年04月26日 14:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: