2014年12月23日

ヘッドホンが聴ける環境(その2)

普段聞いているヘッドホンは密閉型のソニーのMDR-Z7と開放型のbeyerdynamicのDT990 PROです。
どうせなら、バランス接続してみたいところ。
まずは、お手軽な線材で自作してみました。

MDR-Z7用のバランスケーブルは自作が簡単。
線材はMOGAMI 2944です。

DT990 PROもトルクスねじが外れれば、ネットの情報で簡単にバランス仕様に改造することができました。
これもMOGAMI 2944に線材をすべて変更しました。
pc-2.jpg

さてさて、PC〜U-05〜ヘッドホンの音の感想です。
U-05で使っているES9016ってES9018の廉価版らしいですが、はやりESテクノロジーの音ですね。
上から下まで非常にエネルギッシュで厚めの音。
なんとなく聞き慣れている感じで、安心感があります。
U-05のアナログの音は、ES9016の音を癖なくそのまま増幅した感じの音です。

バランス出力を聞いてしまうと、もう戻れないです。
音の分離と低音のしまりが格段に違います。

PCMはAES16のAES/EBU接続の方がUSB接続より、より滑らかで、音のニュアンスが感じられます。
USB接続は少しおおざっぱですが、より厚めです。
勢いのいい音を聞きたかったらUSB接続ですが、AES16のAES/EBU接続が好みです。

MDR-Z7はDT990 PROより上も下も伸びていますが、音場では開放型のDT990 PROの方がかなり上、音場につられて最近はもっぱらDT990 PROを聴いています。
DT990 PROは線材を変えたこともあるのか、巷で言われるようなサ行のささりとか暗さはなく、多少ドンシャリのシャリのないドン気味な感じです。
DT990 PROはもう少し繊細さがほしいところですが、音楽性に富んでいて聴いていて楽しくなるので、私もそうですが、一部病み付きになる人も多いかと思います。

次は、HD800かPM-1あたりで繊細さがほしいところです。




posted by sunacchi at 13:00| Comment(0) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: