2014年11月24日

ネットワークプレーヤ用ネットワークのすすめ

うちではデジファイさんのところで推奨されているように自宅側のネットワークにルータを1つ入れ、ネットワークプレーヤ用の2次のネットワークを作って、音源の再生を行っています。
https://sites.google.com/site/digififan/home/digifi-labo/gai-yao

こうすることで2次のネットワークでは、Wifiルータ配下のHTTPなどの1次のネットワークに流れるパケットが流れません。
これが結構音に影響あるみたいです。
こんな感じです。
network.jpg

あと音をよくする対策としてルータの電源は、アナログ電源。
ルータとネットワークPCの間にHIT-100という日本光電工業LAN用アイソレーショントランスを入れています。
もちろん、LAN線はカテゴリー7です。

当然、ルーターによって音も変わる要素があるので、HIT-100の速度制限もあることもあり、いまではものすごく安くなった送料込、中古ありで2000円前後の100M対応のルータを買って、実験してみました。
network-2.jpg
用意したのが、左から以下の4つ
・Logitec LAN-BR/4
・ELECOM WRC-300FEBK
・NEC Aterm WR8165N
・アイ・オー・データ ETX2-R
なぜか無線LAN機能のがあるものが安かったりしたので、上記を選ぶことになったのですが、同じ5V電源を使い、無線LAN機能は無効にして、試しています。

結果は僅差ですが、
ETX2-R ≒ Aterm WR8165N > LAN-BR/4 > WRC-300FEBK
な感じで、繊細な音がでたかなという感じです。

ということで、筐体の大きさの関係もあり、Aterm WR8165Nを使うことにしました。

ディストリビューションやPCの種類、電源も大切ですが、意外とLAN環境の見直しもなかなかいいと思います。
posted by sunacchi at 19:06| Comment(0) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: