2014年07月14日

金田式No.228の製作(その3)

なんとか調整が終わり、普通にいい音でなってます。
夏までにと思っていましたが、なんとか有言実行できました。
228-2.jpg

No.228のオリジナルとの違いは以下の通り。
・ドライバ段:2SK214→SicのSCT2080KE
・出力段:音楽用のSCTMU001F→工業用?のSCT2120AF
・基板は以前に作成していたhorestaさん頒布のNo.222用を流用
そのため回路および定数がNo.222の値
・アイドル電流調整用半固定抵抗:500Ω→1kΩ
228-3.jpg

今回の製作の経緯は以下になります。
 2014/01/15〜
  No.228の基板で作成開始。
 2014/02/10〜
  調整でアイドル電流が4A以上も流れ、調整が全く効かず。原因分からず。
  アイドル調整用の抵抗値、変えるも調整できず。
  SCT2120AFが飛んだ可能性もあり、各部品、半田の状態を確認するも異常がなく、しばらく放置。
  原因が不明なため、多少、自暴自棄となる。
 2014/05/30〜
  DegiKeyでSCT2120AFの入手が再開されため、再入手。
  範囲の広い電流計、1Aのサーキットプロテクタも入手。
 2014/06/28
  富山クラフトオーディオクラブの理事会で既にNo.228を製作された金田式達人のKさんから、以下のアドバイスをもらう。
  ・結線を確認しながら、基板はもう一度新規に製作した方がいい。
  ・SCTMU001Fは結構熱を持つので、ヒートシンクにしっかりつけないと調整できない。
 2014/07/08〜
  以前から作成途中であったNo.222用基板に部品を移植し、出力段にSCT2080KEを取り付けた状態で調整。
  普通に調整可能。
  これまで使っていたテスターの電流計も不良となっていたことが判明。
 2014/07/12
  出力段をSCT2120AFに変更、半固定抵抗の位置を変えなかったため、ヒートシンク取り付けの樹脂製ビスが融けるトラブルが発生。
  その後の調整で電源ON直後1A、そのあと150mAにとなる微妙な事象発生。
  ビスが融けたため、ヒートシンクへの取り付け方が甘くなったことが原因と判明。
  SCT2120AFにグリスをたっぷり塗り、ヒートシンクへしっかりと止め、やっと、電源ON直後230mA、そのあと150mAとなるように調整でき、ホッと。
 2014/07/13
  同様にもう片チャンを作成し、反省点を生かしたところ、らくらく調整。

あまり使用例のないSCT2120AFを使っていることもあり、SCT2080KEで調整確認し、SCT2120AFに置換え確認し、もう片チャンを作成するよう、少しずつ進めました。

原因判明に時間がかかってしまいましたが、調整のポイントは以下の通りです。
・アイドル電流調整用の半固定抵抗はまずは目一杯左に回して、抵抗を最大値にし、減らす方向で調整する。
・出力段はグリスをたっぷり塗り、ヒートシンクへしっかりと止めた状態で調整する。
・各素子はまじめに計測して、ペアリングをとる。
Kさん、アドバイス本当にありがとうございました。

今後は
・Kさん宅にお邪魔し、SCTMU001FとSCT2120AFの音の違いを確認する。
・ドライバ段、出力段SCT2120AFで今回使わなかったNo.228基板を再生して、もう一台作成してみる。
あたりを考えています。

調整できるまでの間、一部で有名なデジアンや○○○○○出力アンプを製作し、試しておりました。
自分の耳では、残念ながらこれまで使ってきた電流伝送アンプの方がよい印象でしたので、記事にはできないと判断しました。

やっと、これまでのアンプを置き換える気持ちになってます。
SCT2080KEのように高音がきつすぎることがなく、SCT2120AF?でも結構いい音色です。
ただし、低音が少しおとなしい感じがありますので、バッテリーの持ち時間の計測を兼ねて、しばらく鳴らし込みをやっていきます。
ヒートシンクはひと肌程度には暖かくなります。

あと、うちだけかもしれませんがNo.228は電源断で5秒程度アイドル電流が流れてから電源が落ちるようです。
パワーの電源を落とし、直ぐプリの電源をきると保護回路が働きます。
時間を数秒空け、プリの電源を切るようにしないといけないのが少しめんどいです。


posted by sunacchi at 11:54| Comment(0) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。