2018年02月11日

セパレート構成トラポ


久々の更新です。
遅ればせながら、あけおめ、ことよろです。

最近はRaspberryPiでの音源再生に戻ってますが、昨年末からトラポのセパレート化が自分の中のトレンドになっています。
トラポのセパレート化というのは、フロントエンドとバックエンドに構成を分け、フロント側はMPDによるデータの読込みとデコード処理、バック側はaplayによる再生のみを行う構成と理解しています。
バック側がシンプルであるため、そこでの再生音はかなりダイナミックでストレート。
構築当初は、毎日感動してました。

フロント側とバック側でサンプリングレートが会っていないと正しく動作しないため、サンプリングレートを固定する必要があり、88.1KHz24bit固定としています。

バック側はI2SをAllo Kali Reclockerで受け、DACはES9023黄色基板(改)です。
ES9023のMCKはKaliからの供給で、同期をとるように変更してます。
AK4497、ES9028Q2M、PMC5122等のDACを試してみたのですが、うちではES9023が一番自分にしっくりくる気がして最近はこればかりになっています。
rasp-4.jpg
サンプルレートが固定ですので、思い切ってKaliの45MHz系のNDKのクロックを外し、Duculonに置き換えました。
目論見通り、ますます定位がよくなりました。
アンプ以降は同じ装置なのですが、Visual側と差が開くいっぽうです。
上流でシステムの音がかなり違います。
posted by sunacchi at 11:04| Comment(0) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする