2017年04月30日

AK4497DM DAC(その2)

やっとバラックからケースにいれました。
ケースも含め、部品はほぼ流用しました。
今回ケースは追加加工のみですが、タカチのOSなので意外と板厚がありちょっと時間がかかりました。
DAC電源は6Vバッテリーまたは両波整流のトランスコンデンサ平滑電源をTPS7A4700でレギュレート、基板はやなさんところ、IVはさみずさんのTLT-1010WJです。
ある意味、定番??
音源コントロールは、BeagleboneGreen+ブリッジ基板にkicktickさんのArch+BOTIC7を乗せたものです。
ak4497dac-2.jpg

で、バラックからケースに入替えただけなのに音がでない。。。
なんでー??
途方に暮れて状況をやなさんにメールで報告したら、基板をみていただくことに。。。
原因はSCLKを入れてなかったためでした。
ケースに入替えた時、未使用だと思って省いてました。
やなさんから基板は問題なさそうと、送り返していただき、SCLKを入れて無事音がでました。
ak4497dac-1.jpg
電源部が別なのでコンパクトです。

半日ほど鳴らしましたがArch+BOTIC7でかなりよい音源データを送ってくれるようになっているのですが、AK4497と相まって、音はかなりいい感じです。
1音1音の存在感が分厚く、そこにある感じがします。
旭化成のDACチップは初めてでしたが、AK4497は別格だそうです。
しばらくは、これとTDA1545Aを聴き比べするくらいで、結構楽しめるかも。

BOTIC7でMUTE信号をサポートしているとのことで、設定を行ったつもりで、信号を入れてみましたが、DSD切り替えを試してみていますが、有効となっていない感じ。
やり方を間違っているのか、元々だめなのか不明。
まともなオシロがほしいこのごろです。

次は、ES9038を試す予定ですが、価格もお高いのでのんびりやりたいと思っています。

posted by sunacchi at 15:15| Comment(3) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする