2017年03月20日

初基板作成、その後

連休中に初めて作成した基板が届いたので早速組み立てました。
奇跡的に大きな問題なく、動作しました。

jfetiv-1.jpg
J-FETは2N5461を使ったのですが、なかなか雰囲気が出ていい音です。
ファイインメットトランスには楽器のリアル性はなわない気がしますが、空気感はこっちのほうがよく、コスパはとっても高いです。
ただし、J-FETのIDSSが大きいと調整しずらいです。

あらためて基板をみると、回路的には問題ないものの、電源、信号ラインが全般的に細くパスコンの配線も悪い。
たくさん反省点がありましたので、2N5460系専用に作り直そうかと思ってます。
posted by sunacchi at 11:39| Comment(4) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

AK4497DM DAC(その1)

昨年末からなかなか進みが遅かったやなさんところのAK4497DM DACをバラックで動作確認。
ak4497dac.jpg
特に問題なく動作したみたい。

音源データの送り出しはBBG、IVを仮のES9018用のファイメットトランスで動作させただけなんですが、なかなかいい感じです。
旭化成のDACチップは初めてですが、DSDも普通に聞けるし、低音もかなりでている。
新規に部品を調達するのも厳しいので、電源とか、IVとか、どうケーシングするか思案中。
たぶんスクラッチ&ビルドかな。


posted by sunacchi at 22:26| Comment(0) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

初基板作成

なんとなく今年中にやりたかったことではあったんですが、
50の手習いでeagleでの基板作成やってみました。

いやー、結構大変。
ここまでくるのに、延べ2週間以上の夜間の学習と修練が必要でした。

できたものがこれです。
mykiban.jpg

もちろん回路設計はできっこないので、オーディオ四苦八苦〜蜃気楼の果てに のTDA1545A ALL FET IVを基板化させていただきました。
一応、Greece7さんには、後付けでご了承いただいけたかなと思っています。

とりあえず、fusionPCBに発注したところなので、実際動作するかは3週間後くらいにわかると思います。
まあ、その気になれば自分で基板起こせるって、結構うれしいですね。


posted by sunacchi at 21:07| Comment(3) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする