2015年12月20日

PC用リニア電源をお借りしました

いつもお世話になっているイーディオさんから、PC用リニア電源をお借りして評価しております。
送られてきたものを見てびっくり。
pc-power1.jpg
なんせ大きさがPCの筐体よりでかい。
ものはTeraDakの220Wくらいの出力のPC用のPowerUnitで、十うん万する結構お高いものです。

電源をお借りした目的は、リニア電源にしたらLynx AES16はどこまでのものになるかの確認です。
PC用の5V、3.3Vをリニアにするとノイズフロアが下がって、ダイナミックレンジが大き感じる経験がありましたが、今回はどうなるかなと聞きたいと考えておりました。
起動するPCはこれで、自分なりにいい音になるように組み立てたPCです。
今はOSはWindows10で、音源再生ソフトはJRiver MediaCenter(JRMC)21がメインになっています。
自宅でLynx AES16の信号(AES/EBU)をそのまま受けれる機器は、PionearのU-05だけですが、DACとしてはそんなに悪くはないけど、普通かなという評価をしています。

このPCは150WのACアダプタ電源を12V系をPCI+のLDOでレギュレートして使っていましたが、そのままでは起動せず、NO PCI+を取り外して直結しました。
pc-power2.jpg

一聴して、これまでには感じられないくらい、かなり音場の横の広がりが感じられます。
ダイナミックレンジも大きくなった感じです。
これはこれでありですが、音の鮮度に関しては、RazpberyPiやBeagleboneBlackのI2S直結の音を聞くようになって耳が慣れたせいか物足りなさを感じました。
たたづまいさが感じられないのっぺりした印象です。
このDACからの音の傾向はあまり変わらない印象なので、今回のPC側の電源の問題はなく、インターフェースを含めたDAC側の音作りが支配的になっていると思っています。
DACを代えて再評価しようかと思ってます。

今回、リニア電源をお借りしてよかったことがもうひとつありました。
実は自作のTeraDakの100W電源を利用のPC用リニア電源を引越しで持ってきたのですが、なぜかPCが起動しないため、お蔵入りしていました。
今回お借りした電源で起動させてみましたが起動しないため、原因はPC側ということが判明。
メモリをはずしたら、あっけなく起動。
自作の電源でも問題なく起動するようになりました。
早速1年分のWindowsUpdateとついでにWindows10に変更しました。
んーPCばかり増えても、しょうがないですけどね。。

posted by sunacchi at 10:26| Comment(0) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

BeagleBone Blackで外部クロック(その3)

BeagleBone Blackで外部クロック駆動しているPCM1792DACですが、その後のいじくりで地味ですが、だいぶ自然な音が出るようになってきた感じです。

以下変更箇所です。

dac1.jpg
・Mi-takeさんのPCM1792モノ基板の電解コンデンサをすべて薄膜高分子積層コンデンサ(PMLCAP)に変更
⇒もやもや感が、すっきりした感じの音になりました。

・ブリッジ基板のマルチプレクサ上のDSDの入力信号の左右を入替え
⇒DSD再生後のブチッは相変わらずですが、切替の手間が不要になりました。

・クロックをたくぼんさんから教えてもらったNZ2520SD⇒KYOCERA KC7050Kに変更
⇒解像度は後退した感じはありますが、奥行きの表現がさらに良くなりました。
クロックはChip1Stopで在庫がなく、Mouserから入手しました。

dac-2.jpg
・Digital Audio Signal Conditioner by LMK04805Bをブリッジ基板と制御基板との間に投入
⇒投入した基板は、「音屋とらたぬ」さんがヤフオクで頒布されているTIのLMK04805Bを使ったジッタークリーニング基板です。
スペック上、出力ジッターがSi5317は300fs、LMK04805は111fsとのことで、Si5317よりかなりジッタークリーニング効果があるそうです。
ただし、この基板Si5317でジッタ抑制したクロックをLMK04805のPLLの入力としているので、かなり電力を食います。
今回大きめのトロイダルでセンタータップ型全波整流回路+Sicダイオードの電源を用意して接続しました。
基板は電源が2段でコンデンサも凝ったものになっているので、変な改造はしばらくやめときます。
ヒートシンクだけ背の低いものに交換しました。
ジッタークリーニングの効果はかなりのものです。
PCMでもDSDでも音源のリアルさ、自然さが格段に向上しました。

今回、2系統のアナログ電源を製作したついでにDACへの電源供給をアナログ電源と鉛シールド電池の組み合わせで聴いてみました。
定電圧以降は同じです。
DAC部の電源は、鉛シールド電池が良く、音域の広く低音がしまってます。

先日、内部抵抗計を入手し、手持ちをいくつか測ってみていますが、同じ鉛シールド電池でもメーカや容量によって、かなり違います。
フラシーボ全開ですが、内部抵抗が小さい方が、いい音と感じる傾向が強いです。
posted by sunacchi at 23:03| Comment(5) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする