2018年03月25日

最近のNAS

UPnP(DLNA)で音源の再生というのが、世の中的な流れになってきています。
最近のNASには、UPnPメディアサーバーとしての機能が入ってます。
先日、398祭りで2TのSSDを入手しましたので、 NanoPi NEO/NEO2 用のNASキットを入手して、NASを組み立てました。
nas-1.jpg
UPnPメディアサーバーとしてdebian用のminiDLNA(1.1.2)をパッケージインストールしてみましたが、素のWAVファイルが再生されないとのこと。
そのため、丸1日以上かけて、7000くらいのWAVファイルをバッチファイルを作成して、コマンドラインでFLAC変換しました。
DSDのデータも再生されない状態でした。
みみず工房さんの掲示板でminiDLNAにパッチを当てた1.2.1のソースがdonuts.shop73さんより公開されていたので、自前でコンパイルしてインストールしました。
DSDのデータは認識されていますが、当方のデータはすべてタグ情報をプログラムで削除しています。
そのため、DSDファイルとして認識されないようです。
タグ情報の追加は、今後検討します。

その後、勢いでアイ・オー・データのHDL-RA2HFを入手してしまいました。
今は4Aのリニア電源で起動してますが、電源の影響で大きく音が変わります。
3.5インチのHDDを乗っけてますので、トランス式のリニア電源に変更する場合、ある程度容量が必要みたいです。
電源によってはノイズが乗ったりするらしいです。
ちなみにHDL-RA2HFは、DSDファイルは認識して、PCMに変換して再生できます。
nas-2.jpg
これまでNASはアイオーのRockDiskNextとMARSHAL MAL-4725NASを使っていましたが、メディアサーバ機能が貧弱です。
音的にリニア電源で起動したHDL-RA2HやNanoPi NASにかなわない感じです。
音の傾向は、HDL-RA2Hの方が低音がゆったりで、NanoPi NASの方はあっさりしてますが、HDL-RA2Hの方が好みです。
今後、NanoPi NASをバックアップ的に使っていこうかと思います。

ちなみにデータの同じような条件で転送速度は
HDL-RA2H(48MB/S) > NanoPi NAS(40MB/S) >> RockDiskNext、MAL-4725NAS(20MB/S)
でした。

UPnPコントロールポイントはKinsky、LUMIN、FIDATA APP等で、iPadやAndroid端末で十分普通に使えます。
今はUPNPレンダラーとしてはNanoPi NEO2のlightMPD/upnpgwを使っています。
NASの直結より、upnpgwでpolipo(キャッシュサーバー)経由で取り込む方が音に安定感、静かさがあるように思えます。
また、セパレート構成でフロント-バックを繋ぐ方法(piped pcm audio play)での負荷分散がかなりよいです。
フロントはraspberryPi3よりNanoPi NEO2の方が解像度が高く、ボーカルがよりリアルに感じました。
使いこなす方も知識がいりますが、digififanさん、 donuts.shop73さんをはじめ、これらのシステムを開発された方あってのシステムです。
開発された方、皆さんに感謝です。


posted by sunacchi at 14:28| Comment(3) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

セパレート構成トラポ


久々の更新です。
遅ればせながら、あけおめ、ことよろです。

最近はRaspberryPiでの音源再生に戻ってますが、昨年末からトラポのセパレート化が自分の中のトレンドになっています。
トラポのセパレート化というのは、フロントエンドとバックエンドに構成を分け、フロント側はMPDによるデータの読込みとデコード処理、バック側はaplayによる再生のみを行う構成と理解しています。
バック側がシンプルであるため、そこでの再生音はかなりダイナミックでストレート。
構築当初は、毎日感動してました。

フロント側とバック側でサンプリングレートが会っていないと正しく動作しないため、サンプリングレートを固定する必要があり、88.1KHz24bit固定としています。

バック側はI2SをAllo Kali Reclockerで受け、DACはES9023黄色基板(改)です。
ES9023のMCKはKaliからの供給で、同期をとるように変更してます。
AK4497、ES9028Q2M、PMC5122等のDACを試してみたのですが、うちではES9023が一番自分にしっくりくる気がして最近はこればかりになっています。
rasp-4.jpg
サンプルレートが固定ですので、思い切ってKaliの45MHz系のNDKのクロックを外し、Duculonに置き換えました。
目論見通り、ますます定位がよくなりました。
アンプ以降は同じ装置なのですが、Visual側と差が開くいっぽうです。
上流でシステムの音がかなり違います。
posted by sunacchi at 11:04| Comment(0) | Audio自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

RaspberryPiオーディオ再び

ここんところRaspberryPiでのオーディオ再生に戻ってきています。
いいディストリビューションがでてきたからですね。
今のところsymphonic-mpd一択です。
DC-ARROW2機(電源)+RaspberryPi+Kali+黄色基板改(DAC)という構成です。
raspberrypi-1.jpg
RaspberryPiのケースは3B/2B/B+CNC放熱超薄いアルミニウム合金保護ケースとかいうもので、RaspberryPiにはUSBターミネーター4こ実装済み。
黄色基板改(DAC)の電源は6V鉛シールド電池です。
raspberrypi-2.jpg
これでかなり満足になりました。

ちなみに、メディアプレイヤーとしてこんなのも評価中です。
memoryplayer-1.jpg


posted by sunacchi at 12:09| Comment(0) | PCオーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

ONKYO Grand Septer GS-1(その3)

GS-1は床に直置きしていため、低音が階下に響くこともあり、インシュレータを導入しました。
inshu-1.jpg
インシュレータはもちろん自作です。
10cm×10cmのデュポンコーリアンにΦ26mm×2mm高の制振金属ワッシャーを挟んで、デュポンコーリアンの下にREAL SCHILDを貼り付けました。
inshu-2.jpg
inshu-3.jpg
これまでの床の揺らぎが音にまで影響があったようで、高音から低音までかなり定位クリアになりました。
特にコントラバスの音に芯を感じることができ、質が上がった感じです。
今回、コンパネをカットしてもらいその上にインシュレータを置いてスピーカを設置しました。
かなり階下への音漏れも減ったようです。
それにしても107Kgは重かった。
腰が少し痛い。。。です。


posted by sunacchi at 11:55| Comment(6) | 試聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

ONKYO Grand Septer GS-1(その2)

GS-1ですが、いまだに四苦八苦してます。
思った通りの低音がでない。。

部屋が防音対策ので吸音材だらけの超デッドであるせいですが、ある程度はでてほしいところ。
重いのでインシュレーターを入れてないのもあるかもしれません。
スピーカの能率が低いのでアンプはゲインが必要で、知り合いの真空管アンプでは鳴らなかったです。
また、手持ちデジアンは低音がスカスカでだめだめでした。
なにか駆動力が必要な感じです。
いまは、ちょっと前までメインで使っていた金田式No.218+No.228に戻してなんとか鳴らしています。
amp-1.jpg

また、セッティングを繰り返した結果、はじめは内向きにしていたのですが、なるべく後ろの壁に近づけて、平行配置でスピーカの間を狭めたほうが方がよさげという感じになってます。

posted by sunacchi at 14:24| Comment(5) | 試聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする